ちゅらトゥースの効果的な使い方を徹底解説!歯の黄ばみを落として白い歯を

ちゅらトゥース

自宅で簡単に歯を白くできると評判のちゅらトゥース。

ですが自分自身で使用するということもあり、ちゅらトゥースの使用方法や歯の磨き方に『これであっているの?』と疑問や不安をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?

この記事ではちゅらトゥースの効果的な使用方法から基本的な歯の磨き方まで、詳しく解説していきます。

ちゅらトゥースの正しい使用方法を知り、白い歯を1日でも早く手に入れましょう!

また、ちゅらトゥースの詳細が知りたい方はちゅらトゥースは効果なし?本当に白くならないのか悪評を元に検証してみた!も合わせてご覧ください。

ちゅらトゥースの正しい使い方

「ちゅらトゥース」の使い方は郵送されてくるパンフレットや、ちゅらトゥースの公式サイトに記載がされています。

ですが、それを読んでも「いまいち分からない。」や「本当にその方法であっているのか?」と疑問に思われる方も多いと思います。

そこでまずこちらの項目では正しいホワイトニング歯磨きの方法を元に、ちゅらトゥースの効果的な使い方を紹介できればと思います。

最大限にちゅらトゥースの効果を得たい!という方はぜひご参考ください。

ちゅらトゥースに合った歯ブラシを選ぼう

まず、歯磨きをする上で重要な要素の一つが歯ブラシです。

歯の隅々まで届かない歯ブラシやしっかりと磨けない歯ブラシを選んでしまってはホワイトニング効果が半減してしまいます。

歯ブラシを選ぶ際のポイントは下記の3つです。

  • 硬さは柔らかすぎない普通の硬さのもの
  • コンパクトで小回りが聞く歯ブラシ(サイズは2cm程度)
  • 圧力分散しないように、平らな毛先のもの

山切りブラシや、柔らかすぎるブラシは狙ったところに均等に圧力が加えられないため、ホワイトニング効果が得られずらくなってしまします。

そのため歯ブラシは上記の3つのポイントを抑えたものを使用するようにしましょう。

ブラッシングする際は『優しく磨く』が基本!

ブラッシング時は汚れを落とすということもあり、ついつい歯を強く磨いてしまいがち。

ですが強い力でのブラッシングは逆効果です。

強い力でブラッシングしてしまうと、歯の表面に細かい傷ができ、新たな汚れの原因になってしまします。

ブラッシングをする際は『小刻みかつ優しく磨く』を念頭に置くようにしましょう。

歯を磨く順番を決める

歯磨きをする時に、いつも違う順番で磨いていると、磨き残しをしてしまう可能性が増えます。なので、磨き残しを防ぐためにも「歯を磨く順番」を決めておくと磨き残しを防止することが出来ます。

歯を磨く順番はご自身の慣れた順番が良いかと思いますが例にすると「(1)歯間(2)奥歯(3)境目(4)表面」と言った順番で決めておくと良いでしょう。

歯磨きは正しいブラッシング方法で

歯磨きをする際に気を付けてもらいたいのがブラッシングのやり方です。大きく分けて3つブラッシング方法が歯の箇所によって違いますので、それぞれ正しいやり方を抑え、しっかり磨くよう心がけて頂ければと思います。

歯の表面・歯の裏側・奥歯のブラッシング方法

歯の表面・歯の裏側・奥歯は汚れがたまりづらいところです。この箇所の磨き方は「スクラッピング法」という歯の表面に毛先を90度(垂直)に当てて磨く方法が良いです。あまり強くゴシゴシせず磨くことがポイントです。

歯と歯茎の境目のブラッシング方法

歯と歯茎の境目の磨き方は「バス法(振動法)」という毛先を歯と歯茎の境目に45度傾けた磨き方がおすすめです。圧力をかけすぎると歯茎を傷付けてしまい出血してしまう可能性があるので適度な圧力を掛けるようにしましょう。

歯の間のブラッシング方法

歯の間のブラッシングではデンタルフロス・歯間ブラシのどちらかを使うことをおすすめします。どちらを活用する時に共通して言えることは歯肉を傷付けないように使うようにすることです。特に歯間ブラシを活用される際には歯の間に違和感なくすっと入る物を選ぶようにしましょう。

口をゆすいだあとあとにもう一度ブラッシングを!

ブラッシングが終わり口をゆすいだ時点だと、ブラッシングで除去したステインの残りがまだ多少付着しています。

そのため、さらにもう一度軽くブラッシングをすることで、完全にステインを除去することが可能に。

効果を最大限に引き出すため、ちゅらトゥースを使用する際は、上記を意識して取り組んでみてください。

ちゅらトゥースで着色汚れを落す効果的な使い方4選

先程までちゅらトゥースの基本的な使い方を説明してきました。こちらではより効果的なちゅらトゥースの使い方を解説できればと思います。こちらもぜひ参考にしてみて下さい。

ちゅらトゥースを使用する前に歯を磨いておく

ちゅらトゥースでもいつもの歯磨きはできますが、ちゅらトゥースはあくまでホワイトニング製品なので、いつもの歯磨きとホワイトニングのためのブラッシングは『別物』だと思ってください。

ちゅらトゥース使用前に歯磨きをし、食べカスなどを除去しておくことでちゅらトゥースでのホワイトニング効果が上がります。

また、ちゅらトゥースと相性の良い歯磨き粉は『研磨剤』が入っていない歯磨き粉です。

研磨材は歯の表面を傷つけてしまうためその傷に黄ばみや着色汚れが付きやすくなるデメリットがあります。

ですのでちゅらトゥース使用前は『研磨剤フリー』の歯磨き粉を使用した歯磨きで、万全の状態にしておきましょう。

歯ブラシの水濡らしはNG

ブラッシング時に歯ブラシに水をつける方結構多いのではないですか?

ちゅらトゥースを使用する際は歯ブラシに水をつけてはいけません。

歯ブラシに水をつけてしまうと、ちゅらトゥースに配合されている有効成分が薄まってしまい、本来の力を発揮できなくなってしまいます。

ホワイトニング効果を最大に得体のであれば上記は必ず守ってください。

出来るだけ唾液が出ない状態でブラッシングする

ブラッシング時に多くの唾液が分泌されていると、ちゅらトゥースの有効成分が唾液によって薄まり、効果が半減してしまいます。

対策法として、寝起きの乾いた口腔時にブラッシングすることや、お風呂上がりで汗をかいた直後にブラッシングをすることで、比較的唾液が少ない環境でのブラッシングが実現できます。

歯と歯の間はちゅらトゥースを付けて歯間ブラシ、デンタルフロスで

歯間はなかなか歯ブラシが通りづらく磨き残しができやすいところです。なので必然的に黄ばみも多く残ってしまう箇所というのも事実です。

そこで、歯間の汚れもしっかりと落としたいという方には歯間ブラシまたはデンタルフロスにちゅらトゥースを塗料し、磨く方法がおすすめです。

この方法を活用すれば歯間もしっかりと汚れを落とすことが可能です。

ちゅらトゥースの使い方でよくある質問と注意点

こちらの項目では、上記でのちゅらトゥースの効果的な使い方に加え、ちゅらトゥースを使用される際に注意してほしいポイントとよくある質問をご紹介いたしますのでご参考ください。

ちゅらトゥースは1日何回使うべき?

1日1回〜3回を目安にご使用ください。

タイミングとしては、起床後、昼食後、夕食やお風呂上がり時の使用がおすすめです。

また、ちゅらトゥース1本で約1ヵ月の使用ができます。

ちゅらトゥースと市販の歯磨き粉は併用すべき?

ちゅらトゥースは、歯磨き後にブラッシングすることで最大の効果が得られるホワイトニング製品です。

そのため、ちゅらトゥース使用前に研磨剤フリーかつフッ素を配合している歯磨き粉などを使用し、汚れを綺麗に落とした上で使用されることをおすすめします。

ちゅらトゥースは泡立たないの?

歯磨き粉には「発泡剤」という泡立つ成分が含まれていることが多いですがちゅらトゥースにはこの成分が含まれていないため泡立ちを実感することは出来ないです。

余計な泡が立たないことで、歯をブラッシングしやすいというメリットがあります。

ちゅらトゥースは電動歯ブラシを使っても大丈夫?

ちゅらトゥースは電動歯ブラシでも問題なく利用できます。

電動歯ブラシが利用できないホワイトニング製品も存在するため電動歯ブラシユーザーにとっても安心のポイントです。

子供の使用も大丈夫?

ちゅらトゥースは低刺激で安全性の高い製品ですが、配合成分に微量の『アルコール』が含まれています。

そのため、6歳未満のお子様の使用は控えてください。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう御座います。

ちゅらトゥースの使用方法に対する疑問や不安は解消できましたでしょうか?

せっかく使用するならホワイトニング効果を最大限に得たいですよね!

ぜひ今回ご紹介した方法を実践いただき、健康的な白い歯を1日でも早く手に入れていただければと思います。